予定日を超過したら誘発分娩コースになってしまう。

こんにちは、めぐろっこです

予定日を超過してから1週間が経過しました。(誤ってサイトを全消しするというトラブルが発生したため、前回の記事から期間がだいぶ空いてしまいました。いやはや、大ショックでした・・・修復に時間がかかってしまったし、出産が重なって更新できずでした。もう下手にいじらないぞ!!)

旦那さまが海外出張から帰ってきた週は、「もしかしたら、ぽんちゃんが旦那さまの帰国を待ってから出てこようとしているのかも・・・ということは週末に産まれるかも!!」と思って週末ソワソワしていましたが、結局なにも起こらず(笑)陣痛を促すために湯船に浸かってみたりと努力したのですが、ちょっとだけオマタがツキーーンと痛くなるだけ。あれはぽんちゃんが外に出ようとする練習だったのかな?頭突き?

その後も何の変化も起きずに平和な日々が続いたため、強制入院の陣痛促進剤コースの可能性が濃厚になってきました泣。

前回の日記でも書きましたが、強制入院の陣痛促進剤コースって医者の都合なんじゃないかなと思うところもあり、ちょっとモヤモヤ。さらに実母に話を聞くと、わたしや兄弟が産まれる際も予定日から10日くらい超過したとのことで、「超過するのなんて普通のことなんじゃないか?42週を過ぎる前に、わざわざ促進剤を使う必要なんてないのでは?」という想いが強くなってきました。

そこで私はある行動にうつします。

愛育病院に電話をかけて「42週になるギリギリまで陣痛促進剤を使うのを待ってほしい!」とお願いしたのです。

電話を受け取った助産師さんには「医師が入院日を決定しているので、それを変更することはできない。もう一度診察に来てもらう必要がある」と言われましたが、「ちょうど42週にあたる日に診察予約を入れているので、そのときに判断してもらうので良いのではないか」と交渉してみました。ちょっと困っていましたが(そりゃそうですよね~)上長に確認してくださった結果、入院をギリギリまで待つ方針へと変更してくださいました。

これで陣痛促進剤コースへの猶予期間が少し伸びました!良かった~~!

自然分娩にしたいという想いもあったのですが、それとは別に現金な理由も。。

他の方の出産レポを読んでいると、この陣痛促進剤が辛そうで辛そうで・・・無理やり陣痛を起こすので身体への負担が大きいみたいなのです。それなのに2日がかりになってしまった方もいたり、とにかく大変そうです(T□T)なるべくなら自然に陣痛が来るのを待った方が、身体にとって楽かな・・・というのが理由でした。

理由はともかく(笑)、ぽんちゃん、自分のタイミングを待って出てきてくれて良いんだよ~!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク