愛育病院に募る不満。

こんにちは、めぐろっこです。

ついに妊娠39週目に入りました。あと1週間で出産予定日です!

あと1~2週間でお腹の中にいるぽんちゃんと会えるとは不思議な気分です。まだお腹の中で元気にボコボコ動いてます。もう、突然にお腹から出てきても生きられるんですもんね~~不思議。

この時期は1週間に1度の妊婦健診に行くことになります。愛育病院では36週と、なぜか37週はやらずに38週、39週、40週でNST(ノンストレステスト、赤ちゃんが出産に耐えられる身体状況かどうか確認するもの)を行います。なんで37週やらないで36週なんだろう?このNSTについては病院によって方針は色々のようです。全然やらないところもあったり38週からだったり。

NSTがある日は、診察時間より1時間くらい早く病院に行く必要があります。30~40分くらいリラクゼーションルームのようなところで、落ち着いた音楽を聴きながら、ゆったりしたチェアに横になって、お腹にセンサーをつけられて、赤ちゃんの様子を見ます。

その後は内診です。田町での健診は3回目ですが、ベテラン女医の先生に当たりました。1回目の若い男性医師、2回目のアラフォー女性医師よりも安定感があって良かったです。女性医師のときには研修医と思しき男性医師も一緒に診察に当たろうとして、「こちらの許可も得ないで研修医を入れるの?」と疑問を呈して男性研修医の同席はお断りしました。

実際のお産は、どんな医師が担当するのか・・・。それが分からないのは、やっぱり不安です。大きい病院ならば仕方ないとは思いますが

2週間前は「子宮口が2cm空いてる」とのことでしたが、今回は「子宮口は1cmも空いてない。子宮が出産の準備に入っていないようです。歩いたりしてますか?しっかり歩いてくださいね!」とのお言葉を頂きました。

はて?週に2日は2~3時間、5~6kmくらい歩いてるんだけどなぁ。

もしかすると、旦那さまが一生懸命に家事をやってくれているので、(朝めぐろっこが寝ている間に洗濯を終わらせてくれていたり、土日は掃除機をかけて雑巾がけをしてくれたり、料理を作ってくれたり、 買い物に行ってくれたり・・・素晴らしすぎる)わたしは他の妊婦さんよりも家事による運動量が少ないのかも!?

今回の健診でも特に異常は見当たらず、「なにもなければ1週間後に来てください」とのこと。もう、この週数まで来たら・・・あとは出産するだけか、予定日超過しても出産してなかったら異常チェックするかのどちらか、しか病院の意味はないような気がします。つまり定期健診は不要だと思うのです・・・が、まぁ病院はそうは言いませんよね。

今回、助成券を使ったのですが、診察料は7,000円ほどかかりました(再診料3,000円+妊婦健診5,000円+NST4,000円-助成金5,000円)。

NST代って別でとるの??あまりに高くてビックリ!!大したことしてないのに・・・。

Twitterで知り合った都内の妊婦さんたちは、助成券があれば1,000円もかからないと言っていたので、改めて愛育病院の診察料の高さを思い知りました。助成券がなくなったら12,000円か。。もう定期健診のためには来たくないな。次はお産のときか、出産予定日を過ぎたあたりが良さそうだ(自己判断)。

「セレブ病院と言われるものの、他の病院の値段とさほど変わらない」という病院の口コミを書いたレビューアー出てこい~~!!

入院費用だけでなくて、それまでにかかる診察料も明示して頂きたいものです。なんで妊婦健診って自由診療なのかな…保険診療なら全国一律なのに

お金がないわけではないけれど、お金に見合ったサービスを受けているとも思わないので、めぐろっこは愛育病院に不満です。

※この後、実際の出産で愛育病院への不満は爆発します。。。詳細はこちらの記事にて↓

出産レポ①~

・・・って、出産前にストレスを抱えてはいけませんね。 続々とtwitterの妊婦さんたちが出産していき、そのレポを読んでいると、生々しい情報が入ってきてしまって、今は楽しみよりも恐怖が上回ってしまっています。

知らなければ、もっと呑気に出産を待ち望むことができたのですが。。2週間前よりも明らかに恐怖が増しております。

出産予定日は旦那さまも海外出張で不在なので、ぽんちゃんには「まだしばらくお腹の中に居ておくれ~~~」と話しかけています。

※本音※
もう少しの猶予をちょうだい~~。ギリギリまでは何度でも会陰マッサージして子宮口を柔らかくしておくからね!!(TOT)<ぁぁぁあああぁぁぁ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク