正産期あるある症状。

こんにちは、めぐろっこです。

妊娠37週目。ついに正産期に入りました!正産期とは37~41週の「もう、いつ産まれても大丈夫&いつ産まれてもおかしくない」時期のことを言います。

そう、いつ産まれてもおかしくないのです。

とはいえ母体としては、まだまだ産まれる気配は感じず・・・本当に産まれてくるんかいな~??と半信半疑の状態です。

胎動も激しく、お腹のなかでモニョンモニョン動き回っています。暴れん坊将軍ですね~^^

他の妊婦さんたちは「膀胱が蹴られてめっちゃ痛い!」「あばら骨がヤラれた!」と、さらに痛がっていたので、うちのぽんちゃんは他の子よりも大人しめだと思います。ママ想いで優しい子です。調べてたら、肋骨を骨折した妊婦さんもいるらしい…!お腹にいる子を止めることもできないし、それは辛かろうなぁ。。。

お腹の中の赤ちゃんは外界の音やら光やらが分かるので、ママの声やパパの声を聞き分けたり、昼か夜かもボンヤリ判断しているそうです。お腹の中に居る頃からパパの声に聞き慣れていると、産まれた後、まだ目が見えないときのパパの声掛けにも「ん?知ってる声だ~~」と反応するそうですよ。

なので、我が家では旦那さまに毎日声掛けをしてもらっています!(旦那さまは少し恥ずかしそうです)慣れていない人の手が触れると静かになるぽんちゃんも、パパの手は慣れているのか、モゴモゴと良く動きます。

お腹のなかで、どんな動きをしているのかな~~? もにょもにょ動き回るお腹は、とっても可愛い!

動画撮影をしてみようとするのですが、カメラを回しているときはスンッ・・・と静かになるんですよね。なんなんだ??ママの緊張感が伝わるのかい??

他の妊婦さんに聞いてみると、お腹の赤ちゃんにも個性があるようです。旦那さまが触るとスンッと静かになるタイプの子もいれば、逆に毎日同じ時間にパパにお腹を撫でてもらっている子は、その時間になるとドンドコ暴れだすそうな…産まれる前からパパ好きって可愛すぎるやろ。

あ、もしかしたら夫婦仲が良いところ、つまりママがパパ好きな場合は、それがお腹のなかのベビたんにも伝わるのかもしれませんね。

この頃には、夜中に仰向けで寝るのが辛くなってきます。妊婦さんが楽な姿勢として有名なのは、「シムス体位」ですね。 左側を下にして横になる姿勢のことです。

その際、①下にある左足は真っ直ぐ伸ばす、② 右足は足の付け根から曲げて、膝も曲げた状態にし、曲げた膝はベッドの上に置く、③お腹に負担が掛からない程度に少しうつ伏せ気味に体をかぶせる、と良いらしいです。抱き枕があれば、より楽なのかな?

わたしは抱き枕もなく、小難しいことも気にする性分ではないので、右側だろうか左側だろうが、その時に楽なほうを向いて、ただ横になっています。仰向け、右向き、左向き・・・と、コロコロ体勢を変えて寝付くのを待ちます。この時期は胎動もあってか睡眠が浅いので、眠りにつくのも一苦労。やたら朝早くに目が覚めたりもします。

後期になると子宮の大きさに胃や膀胱など、他の臓器が押されまくって、胃もたれが起きやすかったり、頻尿になったりします。

妊娠前は、妊娠したら食欲モリモリになって太るのかな~と想像していたのですが、全くそんなことはなく、むしろ「ちょっと食べたら、すぐにお腹パンパン!」で前よりも少食になりました。妊婦さんによっては後期悪阻といって、また悪阻症状に悩まされることもあるようです。食べたいものが食べられないって可哀想ですね(;;)

膀胱も同じく、すぐにパンパン!になるため、しょっちゅうトイレに行きたくなります。いざトイレに行っても、大した量は出ないんですけどね。わざわざトイレに来たのが勿体ない感じ(笑)その影響でトイレットペーパーの減りが早くなりました。このあいだ替えたばかりなのに~と、よく思っています。

スポンサーリンク